ビオスの丘 - 亜熱帯の森で遊ぶ、学ぶ

ビオスの丘からこんにちは

希少生物!!


ビオスの丘の「大龍池」ここ数日の間に池の水草がぐんぐん伸び、その水草が池の水を浄化して透明度がよくなってきています。

通常のため池なら濃い緑色になるはずだが、流れのある川のように透明度が3mほどある。

 

大龍池は、多種多様な生物が生きていられるよう水深が一定でなく、多くの動植物がいて、沖縄でも珍しい植物がその辺にもあったりする。

 

 

湖水観賞舟に乗って水中を覗いてみると、白いクラゲが一瞬見えた、「まさか、ここは淡水だしクラゲは見間違いだ」と思ったが、よく見てびっくり、やはり2cmくらいのクラゲがいくつも泳いでいる。

大きさが小さいだけに幻想的な感動は薄いが、淡水でクラゲが見られたことに感動した。

検索してみると、「マミズクラゲ」というクラゲで、突然出現したと思ったら、翌年から見られなかったりなど、出現の条件があるようだ。

 


美ら島まーい

バリアフリー

フォトコンテスト2017