ビオスの丘 - 亜熱帯の森で遊ぶ、学ぶ

ビオスの丘からこんにちは

ぷりっぷり!今からが楽しみ(*´◒`*)


ハイサイ!

今回はシークヮーサーの木にぷりっぷりなのが実っていたので、それを紹介したいと思います!

ちなみに「シークヮーサーの木にシークヮーサーの実以外に何が実るってんだ。」と、思った方もいるのでは?
今回実っていたのは、コレ!
⬇︎

そう、コレはアゲハチョウの幼虫!
種類は“ナガサキアゲハ”と言う種類で、日本に生息するアゲハチョウの仲間では一番大きい種類だそう(@_@)!

さっきの写真はナガサキアゲハの終齢幼虫で、測れるものが側になかったので大体ですが6cm程、次は蛹になるサイズです。

別のシークヮーサーの木にはこのコよりも小さなナガサキアゲハを見つけました。

さっきと見た目がかなり違うと思いますが、アゲハチョウの仲間は、幼虫が初齢、2齢、3齢、4齢、終齢の5段階あり、それぞれで見た目が異なります。

ナガサキアゲハは3齢幼虫まで、鳥の糞の様な見た目で天敵である鳥から身を守ります。

生き物好きのヤマウチ


美ら島まーい

バリアフリー

フォトコンテスト2017